合意形成は、トップダウンであるほどスループットが上がる

ブロックチェーンには合意形成(コンセンサス)の仕組み(アルゴリズム)がいくつもあります。

PoW、PoS、PBFT・・・

  • PoW(Proof Of Work)は電力が支配する
  • PoS(Proof Of Stake)は金持ちが支配する
  • PBFT(Practical Byzantine Fault Tolelance)は限られた少数が支配する

この「支配する」というのは少し誤解を招くかもしれませんが、データの記録を誰が承認するかというのがポイントです。合意形成とはつまり、取引データをどのように記録するか、というものです。

ビットコインを始めとするPoWの仕組みを導入した通貨は、マイニングと呼ばれる高度な演算処理によって取引データを記録します。この演算処理に電気がすごくかかります。また誰でもマイニングには参加でき、大量の電気を使った人ほど、より多くのマイニング報酬が得られます。

一方でPoSは、より多くの通貨を保有している人ほど、より有利なマイニングできる特性をPoWに付加するというものです。そのためPoWとPoSは組み合わせて用いられます。

そしてPBFTは、特定の誰かに記録する権限を集中させるというものです。

ブロックチェーン自体は脱中央集権的な思想がとても強いものですが、この合意形成の偏りを無くそうと脱中央集権を進めるほど、取引記録が「完了」とされるまで時間がかかってしまう(スループットが下がる)というジレンマを抱えています。

そんなとき、新たに注目された技術としてDAGと呼ばれるものがあります。

そのDAGを採用した通貨であり、またスマートコントラクト基盤ともなるByteBallが注目を(一部の間で)集めているのです。

いくで、やるで、ByteBall買い増しや!

#IYBK

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中